こちらの本は、ワタクシが中古で仕入れたものです。

独断と偏見に満ちたレビューだったりしますが、
へぇ〜!こんな本あるんだ〜。なんて思ってくれればうれしいです。

気が向けば日々の日記やら宣伝やら書いたりするかもです。


オンライン書店アップサイドをどうかよろしくお願いいたします。

2011年12月07日

人はテンパった数だけ成長するでごわす(大金星)

以前かなりヒットした、
「夢をかなえるゾウ」の著者、
水野敬也さんの小説です。

この本自体は2008年に出版されてたんですが、
ようやく読めました。

「夢をかなえるゾウ」もそうだったんですが、
まず、読みやすい。
ワタクシはあまり小説を読まないのですが、
そんなワタクシでも読みやすかったです。

そしてこの小説のコンセプトは、
「冴えない奴が力のある奴を倒す」
これに尽きます。
全く漢(おとこ)ですね〜、
マジこうゆうの好きなんです。

まぁ倒すといっても、
大学デビューを果たそうとする、
冴えない主人公の御手洗が今までの自分と決別しようとする、
青春恋愛ストーリーなんですが、
やはり出てきました、濃ゆいキャラクター。

「夢ゾウ」でもでてきた「関西弁の神様ガネーシャ」のように、
今回は「謎の九州弁男児、花村春男」という輪郭の太いキャラクターが、
主人公を助け主人公を大きく成長させます。

物語のテクニックやら上手さやらは、
素人の私にはよくはわかりませんが、
読むと熱いものを感じましたね。
著者もそういったコンプレックスを抱えていたのでしょうね〜。

ワタクシも振り返ると、わかるわかる、
と言いたくなるような場面も多かったな〜。

また文献・名作から、
たくさんの格言、引用が出てきます。
シェイクスピアやらトルストイ、ナポレオン、
荘子、孫子、太宰治、サン・テグジュペリなどなど、
かなりの数、物語中に出てきます。
これはこれでかなり勉強になりました。

で、なんか目に浮かぶんですよね、読んでると。
特に春男の九州弁。
読み終わると、春男の九州弁が懐かしく感じ、
もっと読んでいたい気にさせます。

「人はテンパった数だけ成長するでごわす」
そんな春男の声が聞こえてきそうです。^^

あっそうそう、
数年前の本なんで、すでにネタバレになってますが、
最後は「え???マジ?」という結末だったりします。

ブックオフでも105円で売ってたりするので、
お暇なら探してはどうです?




大金星




posted by 店長 by tarusuke_jp at 13:55| Comment(0) | 小説の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

JT大人たばこ養成講座の作者(ラクガキ・マスター)

「この絵どっかで見たな〜」
と思って仕入れたら、思い出しました。

JTの「大人たばこ養成講座」(だったと思う)の絵です。
電車の中吊り広告とかにあった、アレの作者の本です。

皆さん憶えています?

著者はラクガキといってますが、
落書きっちゃあ、落書きなんですが、
プロですから軽くその域を超えてますよ。

かつ笑える。
洒落がきいてます。
こういうのって言葉に伝えにくいですね〜。

そもそも、
ワタクシはこういったイラストとか好きなんです。
できれば描いてみたいとか思ってます。(本当)

著者はやっぱり絵を描く楽しさを伝えたいようなんですが、
それよりも何よりも、
この本のコンセプト。

「自由に描く」

これがすごく伝わってくる本です。

著者いわく、
キチンと描かなくても、
もっと絵は自由に描けば良いのだそうです。

確かに学校ではキチンと描くことを教えますからね。
だから自由なラクガキが好き、なんだとか。

線、動作、置き換え、キャラつくり等々、
色々な描き方やお手本を教えてはくれるのですが、
途中で笑ってそれどころではなくなるところも。

読むとわかりますが、ひねって、ひねって、笑わせる。
教える本なんじゃないのか?と思えるほど。^^

それに本当に「自由」に描いているな〜、
と思わせるのが、まえがきの絵。
気持ち悪いラクガキ絵なんですが、
著者にしてみれば「してやったり」なんだそうです。

だから最初に載せたのでしょうね。
じゃないとまとまらないし。
(ほかは一切そういうのありませんからご心配なく)
でも何度見てもブツブツが気持ち悪いです。^^

ワタクシ的には、
フィギュアマスターの章、本気で笑いましたww
この章、大好きです。

そして最初から最後まで、
ものすごい量の絵、いやラクガキでいっぱいです。
これだけでも、
「よくこんなに描いたな〜」と感心させられます。
まさに好きがなせるワザなのでしょうね。

ワタクシも、
このブログを書くのは好きなんですが、
時々サボりがち。

ま、これはご愛嬌ってことで、
お許しくださいませ。^^




ラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホン


posted by 店長 by tarusuke_jp at 22:03| Comment(0) | 絵・アートの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

いじり上手、いじられ上手になる(いじり・いじられ術)


髪を切った女性(男性)を、
あなたならどういじります?

仕事や学校での何気ない会話のなかで、
人をいじったり、人にいじられたりって、
よくありますよね?

髪を切った〜の例もよくあるシチュエーション。
ホント、上手にいじったり、
上手にいじられたりする人っていますよね。

実際、ワタクシの周りでも、
いましたいました。^^

そんなユーモアあるコミュニケーションをとって、
信頼や出世をゲットしておいしい思いをしましょう、
ってのがこの本の目的です。

内容的には、
よくあるシチュエーションでの会話・セリフ例を主軸に、
うまいコミュニケーションの取り方をレクチャーしてくれます。

まぁ、表紙には「お笑い芸人に学ぶ」なんて書かれているので、
確かにユーモアある笑いがメインにはなってますが、
中には「褒め方」なんかも教えてくれるものも。

このあたりは、
褒めベタなワタクシは参考になりましたね〜。
「こうやって言うんだね〜」なカンジで。

この本をよくよく読んでいると、
笑いやユーモアを学ぶ本ではなくて、
「相手を喜ばす会話」を教えてくれる本ってのがよくわかりますね。

いや〜、勉強になります。^^

で、冒頭の、
髪を切った女性(男性)を、
あなたならどういじります?

色々ないじり方はあるとは思いますが、
この本では「似合ってるね〜。さらによくなったよ」
ってなカンジ。

ちょっと「歯が浮く〜」なカンジかも知れませんが、
それをシレっと言えて、
結果その人が喜んでくれたり、
場が和んでくれるのであれば、
これはこれでアリなのでしょう。
ま、多分ワタクシは恥ずかしくて言えません。^^

いいね!と思った方は、
「チャラ男」くらいは言われる覚悟でどうぞ。

上手にいじってみたい人、
上手にいじられてみたい人、
ちょいチャラ男になってみたい人、
一度参考にされてみてはいかが?^^




お笑い芸人に学ぶ いじり・いじられ術 いじり上手は信頼される、いじられ上手は出世する

posted by 店長 by tarusuke_jp at 22:19| Comment(0) | 人間関係・コミュニケーションの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする