こちらの本は、ワタクシが中古で仕入れたものです。

独断と偏見に満ちたレビューだったりしますが、
へぇ〜!こんな本あるんだ〜。なんて思ってくれればうれしいです。

気が向けば日々の日記やら宣伝やら書いたりするかもです。


オンライン書店アップサイドをどうかよろしくお願いいたします。

2011年10月14日

市議会に就職だ!(市議会議員になる方法)


この本はバカ売れはしてませんが、
よく売れてます。

まあ世には色んなノウハウ本がありますが、
ワタクシはこんなジャンルの本があるとは今まで知りませんでした。
そもそも議員なんてなろうと思ってなれるものなのか?と。

内容的には、
議員の報酬や、かかる経費、
選挙活動や立候補へのこころがまえなど、
想像するのに難しくない内容です。

しかし実態は良くわからないのが本当のところ。
なんせやったことないですからね。^^

例えば、
あなたが住んでるところの議員の報酬っていくらか知ってます?
ちなみにワタクシの市では、月収77万(税込)でした。
(結構もらえるんですね〜)

はたまた選挙エントリー料(供託金)は、
得票数が満たないと戻ってこないけど、
当落が条件じゃないから、
よほどのことがない限り戻ってくる、とか。

市区町村議員になれる当選確率は1.21人に1人の確率。
つまり82.6%の確率でなれる、とか。

要するに、議員やるんなら、
思ったほどリスクはありませんよ〜、って本です。
って、4年後の地方選は当選するかわかりませんが^^

地元をよくしたい、
日本をよくしたいな〜、
そんなこと思ったときにこの1冊を読んでもいいでしょうね。
背中を押してくれるかも知れませんよ。^^




1.21人に1人が当選! “20代、コネなし”が市議会議員になる方法
posted by 店長 by tarusuke_jp at 21:12| Comment(0) | 政治の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

首相が1年しかもたない理由(本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること)


この本はサブタイトルがついていますが、
タイトルとサブタイトルのギャップがすごい。


(タイトル)
本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること

(サブタイトル)
沖縄・米軍基地観光ガイド


見ると確かにガイドブックなんです。
沖縄米軍基地の。
写真やら、地図やら、米軍の様子やら。

しかしね、
ひとつの基地やら場所のガイドが終わると、
その場所の政治的、歴史的エピソードやら、
沖縄の人の言葉が、実に生々しく掲載されている。

その瞬間、ガイドブック感が全くなくなる。^^
ようはキレイ事が一切なくなる感です。

日本首相が1年もたない理由。
米軍が60年以上日本に居座る理由。
官僚が公金不正使用しても逮捕されない理由。
政治家が公約を守れない理由。

実はこういったものの答えが沖縄にあった。
といった切り口でコラム(コラムといえるかなぁ)が掲載されています。

かいつまんで読んでも、
面白かったですよ。




本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド
posted by 店長 by tarusuke_jp at 23:00| Comment(0) | 政治の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

日本の裏支配者とは?(日本中枢の崩壊)

恐らく誰もが知っているであろう、
戦う経産官僚、古賀茂明の本で、
今読み進めていますが、やはり面白い。
皆が感じているであろうことを代弁してくれてます。

内容的には公務員制度改革をテーマに、
官僚、政治の裏話を批判暴露しています。
また批判だけじゃなく、
独自の打開策を展開しているあたりがワタクシは好感。

また東日本大震災後に、
福島原発事故の裏や、
発送電分離の問題を加筆したようです。

テレビ出演も多く、
反発もかなり多かったんですね。
官僚でありながら、公務員制度改革を訴える姿には、
ワタクシを含め感銘を受けた人もおおかったでしょう。

有名な話題で、
自宅前にハクビシンの死体やら、
古賀さん宅だけ停電。
仙谷元官房長官の恫喝・・・

残念ながら先月9月26日に辞職だそうです。
民間でもがんばってください。
古賀さん好きですね〜。




日本中枢の崩壊
posted by 店長 by tarusuke_jp at 23:53| Comment(0) | 政治の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。