こちらの本は、ワタクシが中古で仕入れたものです。

独断と偏見に満ちたレビューだったりしますが、
へぇ〜!こんな本あるんだ〜。なんて思ってくれればうれしいです。

気が向けば日々の日記やら宣伝やら書いたりするかもです。


オンライン書店アップサイドをどうかよろしくお願いいたします。

2013年05月15日

貧乏脳を切り替える本

みなさんは、
ロバートキヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」読みましたか?
私はかれこれ数年前に読みました。
その時は衝撃を受けたのを今でも覚えています。^^

その内容たるや、
サラリーマンの自分には知らないことばかりでした。^^

自分で稼いだお金の流れを把握し、
自分の人生をコントロールする力を養いなさい。
とロバキヨ師匠は仰るのです。

その具体的な内容は、
自分(家計)の財務を、
損益計算書や貸借対照表で考えるというもの。

知らず知らずのうちにお金を使うのではなく、
お金をどう活かしどう使うか?
「お金に働かせる」とはどういうことなのか?
将来的には何をするべきなのか?
そんなことを教えてくれる本でした。

しかし!
サラリーマン癖がついている頭ではなかなか腹まで落ちずに、
理解できない一面もありました。

「ロバキヨぉ・・・そうは言ってもなぁ・・・」

「賃貸物件を買うっても金ないしぃ・・・」

こんなカンジだったので、
家計で無駄と思えるものを切ったりするぐらいが関の山でした。

今では、思い切って行動するのが一番勉強になるものだと思えるようになりましたが、
読んだ当初はそうは思いませんでした。

そんな思いやジレンマをお持ちの方には、
この本は良いかもしれません。^^

いわゆる法則本なので、
55の法則というものが各々解説されていますが、
中でも「ビルゲイツに会いに行こう」という笑えるものもありましたが、
ビルゲイツを大げさと考えるか、考えないか。
あくまで判断と行動が次のチャンスを生むのだと、
著者は説いております。

貧乏人の「労働脳」から、
お金持ちの「投資家脳」へ。

お金持ちへの第一歩を踏み出す前に読んでも損はないと思います。
しかしビルゲイツ、ぜひ会ってみたいですね。^^





posted by 店長 by tarusuke_jp at 15:45| Comment(0) | お金の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。