こちらの本は、ワタクシが中古で仕入れたものです。

独断と偏見に満ちたレビューだったりしますが、
へぇ〜!こんな本あるんだ〜。なんて思ってくれればうれしいです。

気が向けば日々の日記やら宣伝やら書いたりするかもです。


オンライン書店アップサイドをどうかよろしくお願いいたします。

2012年06月06日

一日三食食べても太らない?(一日一食断食減量道)

いわゆるダイエットの本ですが、
こういった本はあまりお目にかかれません、ね。

食いしん坊の味方本ですww

この著者は東大名誉教授の工学博士だそうで、
ご想像の通り食いしん坊。
食いしん坊でもできるダイエットについて書かれたものです。
ただ、フランクに読めるまじめな論文っぽい内容には、
正直笑ってしまいましたね。

内容はまさに減量という人体実験の結果報告ww
さすが大学教授です。

内容のほうはタイトルどおり、
一日一食で減量しようというもの。
すすめるだけの理由はさておき、
今までの常識やらダイエットの知識にも疑問を投げかけます。

『果たして本当にそうなのか?』、
『肥満の人はそれを実行できるのか?』

読んでいて、
ワタクシに勇気をくれます。^^

ま、ほかにも一食をすすめる理由もきっちり書かれていますが、
『減量すると、世の中が光り輝いてみえる』
『減量すると、前向きになりふてぶてしくなる』
など、あまりダイエット本には見れない主観的内容も、
読んでいて楽しかったです。

そしてそして著者の減量の奥義、
『腹いっぱい、食べたいものを食べること』だそうです。
それが『続く』理由のひとつのようです。

やはり食いしん坊には『食べる』ことが何より大事。
そんな気持ちを理解してくれる本です。

ワタクシもあまり笑ってはいられないので、
真剣に検討中してますが、
実行してみたい方、一読しては?



posted by 店長 by tarusuke_jp at 17:10| Comment(1) | プレミア本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もっと更新してぇw

がんばれぇ!!
Posted by かずやぁ at 2012年09月19日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。