こちらの本は、ワタクシが中古で仕入れたものです。

独断と偏見に満ちたレビューだったりしますが、
へぇ〜!こんな本あるんだ〜。なんて思ってくれればうれしいです。

気が向けば日々の日記やら宣伝やら書いたりするかもです。


オンライン書店アップサイドをどうかよろしくお願いいたします。

2013年10月21日

FXの超短期売買に

実はワタクシ、10年くらい前でしょうか、
FXをやってました。
そういや株もやりましたね〜。

株は中期的な保有ということで、
マイナスにはならなかったのですが、
FXの収支は数万円のマイナスだったような記憶があります。

「こんなのやってらんねーし!!」
と思った記憶もあります。^^

最近FXの本がよく買取で来るんです。
恐らく、2年くらい前に起きた円高のときに、
FXを勉強されたお客様ではないでしょうかね?

この本は「スキャルピング」という、
薄利系超短期売買の手法をこれから勉強したい方向けに書かれています。
要するにデイトレーダー向けの薄利を重ねるやり方ですな。

ワタクシは少し興味があったので、
ザーっと読みましたが、
なるほどなるほど、意外にわかりやすい。
かつタイトルにあるように実践的。

チャートの読み方や、
注文のタイミングやらが図解で結構詳しく載ってます。
それに体験談を踏まえた心構え的な要素も多く解説されてます。

ただ中級者の方には、
どうなんでしょう、内容が薄い気がします。
でもワタクシには十分すぎる内容でしたね。^^

FX少しやりたくなりました。
また口座開設しようかな。






posted by 店長 by tarusuke_jp at 19:12| Comment(0) | お金の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。