こちらの本は、ワタクシが中古で仕入れたものです。

独断と偏見に満ちたレビューだったりしますが、
へぇ〜!こんな本あるんだ〜。なんて思ってくれればうれしいです。

気が向けば日々の日記やら宣伝やら書いたりするかもです。


オンライン書店アップサイドをどうかよろしくお願いいたします。

2013年05月27日

志を立てよう

有名な松下幸之助著の「道をひらく」。
あのPHPに連載されていたコラムをまとめた本です。
今でも売れている本です。

松下さんの本は色々あるけど、
この本は個人的に好きですね。
読むと心が落ち着くというか、
生き方を教示してくれました。

特に「志を立てよう」のページが好きですね。
「志」という言葉自体も私の好きな言葉でもあります。

要するに、
真剣に命をかけて志を立てましょう、と。
今まで志をたてたけれども挫折したのは、
何かをなしたいという思いに、
一つ欠けたものがあったからなんですよ、と。
そして過ぎ去ったことは考えず、
ほかをアテにする心は捨てましょう、と。
大事なことはみずからの「志」であり、態度であり、
勇気であり、実行力なんです、と。

最後の締めくくりが心に響いちゃいました。
「志を立てよう。自分のためにも、他人のためにも、
そしてお互いの国、日本のためにも」

まじ感動すら覚えますね。^^

ちなみに「志」とは、
語源由来辞典からの引用ですが、
心に決めた目標、目的。信念。
相手を思う気持ち。人に対する厚意。
とあります。
その語源も心がある方向を目指す意味の「心指す」が語源のようです。
(語源由来辞典:http://gogen-allguide.com/

本気でワタクシの教科書です。
自分用に1冊買うこととしました。

とにかく松下幸之助というネームバリューもそうですが、
ネームがなくても、
人生のいろいろな場面でとってもためになる本です。
もちろん、松下さんのような成功者が言うから、
余計に説得力があるのですがね。^^

松下幸之助さんは、
ほんとにスゴイ人なんですな。^^


posted by 店長 by tarusuke_jp at 20:32| Comment(0) | 人生・生き方の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

俺はオーラが見たい。

オーラって見たことあります?
というか、あなたは見えますか?

どうやらオーラは誰でも見ることができるようです。
ヽ〔゚Д゚〕丿

ワタクシは全く信じていないタイプだったので、
どんなもんかな?
ということで読んでみました。

かなりトレーニングやコツが具体的に書かれていますね。
オーラは誰にも見ることができるということを前提に、
書かれています。

早速やってみました。^^

まずエネルギーが体の周りにあることを確認する作業から入ります。
うんうん。
思い込みのせいでしょうか?
確かに本に書いてある感じがします。

これはもしかしたら見えちゃったりしてっ!
(゚д゚lll)

そしていよいよオーラを見ることにチャレンジしてみます。
モヤのようなものが見えれば第一ステップ成功のようです。

んんんんん・・・・・・・・
ダメだ〜!
見えん。

本にも恐らく見えないでしょうと。
そうやすやすと簡単には見れないみたいです。
そりゃそうだ。
こんなに簡単に見れちゃったら、
オーラも商売あがったりですしね。

そもそもオーラを見る力というのは、
その昔誰にでもあった能力のようです。
証拠と言えるかわかりませんが、
昔の宗教画の人の頭にはオーラが描かれてますね。
頭に虹みたいなやつ、見たことないですか?

やっぱり一度は見てみたいと思いますね、オーラ。
体調やら思考、性格によっても色が変化するらしいですから。

信じるか信じないかは、
あなた次第です。^^



posted by 店長 by tarusuke_jp at 15:00| Comment(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

貧乏脳を切り替える本

みなさんは、
ロバートキヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」読みましたか?
私はかれこれ数年前に読みました。
その時は衝撃を受けたのを今でも覚えています。^^

その内容たるや、
サラリーマンの自分には知らないことばかりでした。^^

自分で稼いだお金の流れを把握し、
自分の人生をコントロールする力を養いなさい。
とロバキヨ師匠は仰るのです。

その具体的な内容は、
自分(家計)の財務を、
損益計算書や貸借対照表で考えるというもの。

知らず知らずのうちにお金を使うのではなく、
お金をどう活かしどう使うか?
「お金に働かせる」とはどういうことなのか?
将来的には何をするべきなのか?
そんなことを教えてくれる本でした。

しかし!
サラリーマン癖がついている頭ではなかなか腹まで落ちずに、
理解できない一面もありました。

「ロバキヨぉ・・・そうは言ってもなぁ・・・」

「賃貸物件を買うっても金ないしぃ・・・」

こんなカンジだったので、
家計で無駄と思えるものを切ったりするぐらいが関の山でした。

今では、思い切って行動するのが一番勉強になるものだと思えるようになりましたが、
読んだ当初はそうは思いませんでした。

そんな思いやジレンマをお持ちの方には、
この本は良いかもしれません。^^

いわゆる法則本なので、
55の法則というものが各々解説されていますが、
中でも「ビルゲイツに会いに行こう」という笑えるものもありましたが、
ビルゲイツを大げさと考えるか、考えないか。
あくまで判断と行動が次のチャンスを生むのだと、
著者は説いております。

貧乏人の「労働脳」から、
お金持ちの「投資家脳」へ。

お金持ちへの第一歩を踏み出す前に読んでも損はないと思います。
しかしビルゲイツ、ぜひ会ってみたいですね。^^





posted by 店長 by tarusuke_jp at 15:45| Comment(0) | お金の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。